2008年12月20日

1980年代の流行

1980年代はどのようなファッションが流行っていたのでしょうか?

時代と共に、流行は変わってきましたが、ここで80年代のファッションについてお話したいと思います。

DCブランドの時代が1980年代です。
DCとはデザイナー&キャラクター、ブランドの略を指しています。

代表的なブランドは、川久保玲のコム・デ・ギャルソン、山本耀司のワイズなどになります。

DCブランドの背景は、バブル期が始まろうとしていた80年代、若年層でも自由に使えるお金があり、ファッションにたくさんのお金をかけられる時代でした。

DCブランドブームには、全身を一つのブランドでまとめるスタイルも増え、ブランドやデザイナーで、着る人の個性と自己主張となりました。

バブル景気は80年代後半になると、加速度を増していきます。

セクシーな大人の女性を目指す社会人の女性が、セクシーなファッションのボディコンスーツを着るようになりました。

通勤時にも着られるようにと言うことですが、現代には考えられませんね。

DCブランドのルーズなデザインに満足できなかった女性は、ボディコン派になり、このファッションは急速に広まっていきます。

ボディコンのブームは1986年〜89年頃まで約3年間続きました。

ボディコンとはボディ・コンシャスの略で、女性としての体型を意識する、ファッションスタイルです。

日本でイメージされるボディコンスタイルは、ミラノコレクションで発表されたスタイルをさらに強調し、体の線が目立つようにされた服です。

ヘアスタイルは、前髪をカールさせたワンレングスが定番でした。

仕事を終えた女性たちは、ボディコンスタイルでディスコへ繰り出し注目されます。

1988年頃はバブル期の頂点でした。

この頃から、カジュアルなファッションスタイルが広まります。
ポロシャツ、白のTシャツ、ストライプシャツやインポートもの。

そして紺のブレザー、ストレートジーンズ、ヴィトンのバッグ、足元はモカシンというファッションは渋カジと呼ばれます。

このファッションスタイルの発信源は、渋谷区、世田谷区、港区などで、私立の男子高校生が流行らせたものです。

時代は変わりますが、ファッションの流行は繰り返されていることがわかりますね。

[PR]外貨預金 FX 審査 通関士試験 合格 AQUAS レビュー
posted by lomen at | 流行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。